FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新技術(スカイプ)を使って、おしゃべり   8月4日(水)

2001年まで、インターネットにアクセスした事も無かった私。

1983年、友人や知人に宛てて、
食べ物や暮らしの情報を載せて『エプロン通信』を書き始めた時に、
夫が買ってくれたワープロが唯一、私が使うデジタル機器でしたが、
キーボードから立ち上がる言葉は、
活字になったとたん他人行儀な情報になってしまうようで、
もっぱら手書きの手紙や原稿に心を乗せる日々を送ってきました。。

1988年12月、浜松放射能汚染測定室を開設し、
会員約50名に宛てた通信も、手書きで測定値や記事を載せて発行。

静岡に転勤して、友人たちと始めた共同購入の通信も
まだまだ市民活動では、手書きが普通でしたし、
チェルノブイリ救援・静岡の活動も、
1992年に始めた『健やかな命のための生活講座』の受講生募集のチラシも、
1999年、プラムフィールドを開設した後も、毎月の通信は手書きでした。

そんな私が、PCをどうしても使わなくてはならなくなったのは、
2002年4月に提訴した『浜岡原発差し止め仮処分裁判』の事務局長を引き受けた事が
きっかけでした。
“止めよう浜岡原発!”の仮処分裁判は、
全国2000名以上の人の協力(原告)でしたので、
それまでの暮らしサイズの私の活動を、遥かに上回った空間的広がりを持っていました。
私のとっては、「必要は発明の母」ではなく、
まさに「必要はスキルアップのチャンス」となりました。

こうしてPCを使うようになり、
プラムフィールドの活動も才能あるスタッフのお陰で、
HPが出来、遠くに居る友人や知人たちも時々、
「HPを観たよ・・」とメールをくれるようになりました。
IP技術の進歩とその利用は、この10年で私の活動や暮らしも大きく変化したといえます。

2009年、静岡県内の若いママさんたちと立ち上げた
環境学習指導員による劇団“ECO’S”の活動では、エコーズの写真

メンバーが県内各地に点在している為、集合して劇の稽古をするには、
時間も交通費も負担が大きすぎるために
またまた、新しいスキルを導入。
家庭に居ながらにして、スカイプで稽古をするようになりました。

こうして我が家に導入された“スカイプ”は
「まるで子どものオモチャだね」と夫に揶揄されていましたが、
静岡と加賀の2所帯になった今は、
なんと、なんと、ダーリンとテレビ電話で“元気!?”の交換をしています。

そして、今日は大阪の友人とスカイプで待ち合わせて、(写真は友人との夕食風景)
朝子さんとの写真
活動の事、夫々の思いや役割の事、
組織論(?)など、思いのたけを語り合いました。
この20年間、我が家のキッチンで、
数え切れないほどの人と交わした会話と同じように、
遠距離に居ながら、互いの居場所で、
心を通わせる事が出来るこの文明に利器を
“愛のツール”と言わず、何と言いましょう?

技術は人と人を愛で結ぶ事も可能にしてくれます。
技術の進歩と友人に大いなる感謝を込めて・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tosiko

Author:Tosiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。