FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方選挙と私 雑感Ⅲ(3月10日記す)

何年ぶりかの大雪に見舞われた北陸・加賀にも
春の訪れが感じられる頃となりました。春の柴山潟


加賀に夫が赴任してあっという間に1年が経ちました。
この間、静岡と加賀、そしてその中間地、実母の暮らす岐阜を
旅人のような新鮮な目で行き来し、
命の洗濯(心の充電)を行っていた私ですが、
加賀の住まいの周りに訪れた春の姿は、
命の巡りを実感させてくれる自然の営みがあります。

手入れすることなく、そのままの自然の庭に、
一夜にして70センチの雪を積もらせる冬。
その庭も夏は、次々と勢いのある草が丈高く茂り、
刈っても、刈っても追いつかないほどの勢いで
草に覆われていました。

雪が溶けて、久しぶりに庭に出てみると、春の加賀の家

あれだけ育っていた草たちは姿を隠し、
庭の土は、すっぽりと足が取られてしまうほど、
枯葉や姿の無い草のエネルギーで軟らかく温かく感じられます。

その土の優しい事。
温かい事・・・。
姿の無い命も、確かに命は循環している事が感じられます。

目に見えるものだけが、命(現象)ではない・・
と、感じられる自然の庭。

人の営みも同じように、命は循環している・・
そう思います。
春の加賀の家2

この春の選挙に、私の知る若い母親2名が
新人として立候補してくれました。
そして、同世代で活動を一緒にしてきた人や
繋がりのある女性が3名、市民活動の中から・・。

人は誰もがその人の目指すものに向かって、
歩んでいる(生きている)と私は思うのですが、
プラムフィールドという誰が訪れても良い場に居ると
時々、こんな台詞に出会います。

「誰がやっても同じ。政治なんて変わらない。」
「政治家はみんな、お金の事しか考えていないから・・」

たったこれだけの切り取られた言葉、
よく聞く言葉ですが、
それは真実や希望、人が願い目指すものを著すには、
思慮された言葉ではないように感じます。

私はわが子を含めて、後輩たちに語るとき、、
実体の無い憶測や観念的な否定を植え込むような言葉は
使いたくないと思ってきました。

誰がやっても同じかどうかは、
やってみなければ分からない事ですし、
同じようにならないように、心して取り組む事も出来るはずです。
そうでなければ、子どもたちは何故、学ぶのか、
将来を見つけ出せなくなってしまいます。
大人である私たちも、希望を実現しようと、
手を繋いで、今日という日から未来を創っているのではありませんか?
2010年ファッションショー

行き詰った社会に不安を感じている人も多いでしょう。
しかし、政治も小さな、小さな呟きが合流して
社会的な選択が変わる生き物です。
『政治』という固定した物質(権威)があるわけではありません。
私たちの観念が選択した結果が今日の政治(社会)です。

1人1人の願いや行動はそんなに無力ではありません。
YWCAキルト

食べ物の活動をしていると、それが分かります。
この20年で食べ物の情報は遥かに多くなりました。
安全な食べ物を選択する事も容易く(たやすく)なりました。
この変化は、先人たちの命の呟きと行動中から
私たちにもたらされた賜物に他なりません。

それを実感しえない人は、
行動してこなかったから気付かなかっただけです
そして、行動すれば直ぐに気づく事が出来ます。

政治も暮らしも、生き方も社会も、
私たちが選択する方法で実現するという事を
心にしっかりと携えて生きたいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tosiko

Author:Tosiko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。